Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

母がしんどい

親子関係(特に母娘関係)って難しい。無条件に子を愛せる母親ばかりではないし、親からの愛情は無条件に注がれるものでもない。どうして母娘関係は上手く行かないことが多いのか。母の過去の行動から「母娘関係」の分析を試みます。

自覚している「わたし」

随分とここを留守にしていました。

その間、心の状態が良い時もあれば、そうでない時もありましたが、何となくブログを書く気になれませんでした。

しかし、季節のせいでしょうか、最近また過去に苦しむことが多くなり、ようやくここに戻ろうという気になれました。

 

あまりに久々なので、必要ないかとは思いますが、このブログの趣旨を簡単にご説明します。

このブログは、親子(特に母娘)関係に悩む「みみずく」が、過去の感情や親から受けた仕打ちを赦し、そして乗り越え、新しいステップを踏み出す勇気を得るために開設しています。

詳しくは、最初のポストをご参照ください。

oyasumimizuku.hatenadiary.com

ここは、ポジティブになれる力強い言葉が並んでいる、キラキラと眩しいブログではありませんが、同じような経験をお持ちの方と感情を共有できると嬉しいなと思い、細々と綴っています。

 

さて、今日は自己紹介を兼ねて、再び「わたし」について徒然に綴ってみたいと思います。

一言に「わたし」といっても、どなたでもそうだとは思いますが、多面的に見ることができると思います。

(以下、便宜的に「わたし」を「私」と表記します。)

 

対外的に、

  • 行動的
  • しっかりしている
  • 社交的
  • 誰にでも優しい

などとありがたくも評価していただくことが多い私ですが、面白いことに、自覚している私は上記のひとつも当てはまりません。

 

また、実の親からは、

  • 暴君
  • 自分勝手
  • 性格が悪い
  • 鬼・悪魔

などと評価されています。(本当はもっと酷いのですが)

 

今思うと、(というか現在もそうですが)私の育った「家庭」というものは、所謂“機能不全家庭”でした。

信頼関係を築いていなければならない夫婦間にも、信頼というものが存在しませんでした。

夫婦間の相互理解も、同じく存在しませんでした。

また、育てづらい、ちょっと変わった長子も抱えていました。

よって、家族の中で“標的”を定め、その人物を徹底的に悪者にし、対内・対外的に悪しざまに罵ることでようやく、“家族”として団結していたのです。

時に、その“標的”は短期間、入れ替わることがありましたが、大体において私がその役目を引き受けさせられていました。

それは、現在においても変わっていません。

 

よって私は、親族やご近所内でも、実の親が吹聴する如く、 

  • 暴君
  • 自分勝手
  • 性格が悪い
  • 鬼・悪魔

といった存在として認識されています。

 

私はひとりしか存在していないはずなのですが、この真っ二つの評価を見る限り、同一人物には見えないように思います。

それとも、私は実は多重人格で、私の中に複数人が存在しているのでしょうか。

――それはそれで、興味深く感じます。

 

でも実際には、やはりそんなことはないのです。

事実として、私はひとりしか存在していないのです。

 

そんな私が自覚している「わたし」。

それは、

  • 臆病
  • 気が小さい
  • 誰のことも信用・信頼できない
  • 肝心なことは言葉(口)にできない

というものです。

 

臆病なので、誰にも本音は話したことがありません。というか、話せません。

気が小さいので、周りの不興を買わないよう、細心の注意を払って接しています。

まだ親からの呪縛が解けていなかった頃、親を信用して色々と話していましたが、結果として、それがすべて失敗するよう、ことごとく手を回されていました。

よって、誰のことも信用できません。もちろん、誰のことも信頼していません。

以上の経験から、希望や夢、願望を言葉にしてしまうと必ず失敗する、とのトラウマが植えつけられ、肝心なことは決して口にできません。

 

上記が、自覚している「わたし」です。

さて、やはり私は複数存在するのでしょうか。

 

皆さんは、どうお感じになるでしょう。