Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

母がしんどい

親子関係(特に母娘関係)って難しい。無条件に子を愛せる母親ばかりではないし、親からの愛情は無条件に注がれるものでもない。どうして母娘関係は上手く行かないことが多いのか。母の過去の行動から「母娘関係」の分析を試みます。

日本社会と偏重社会

それにしても、ネットを見ていると親子関係、特に母子関係に悩む人が私を含め多いと感じます。しかも、「娘」の立場で悩んでいる人が多いように感じるんです。

つまりは、母娘間の「女 vs 女」の関係が上手く行かないことが多い。

これって、なぜなんでしょうか。

私は、女性へのアンペイドワーク(unpaid work:無報酬/無賃金労働)の偏重が一因なんじゃないかと思っています。

  • 女性は、家事育児介護
  • 男性は、社会に出て賃金労働

というのが従来の日本の一般的な姿でした。

それが、1985年のいわゆる「男女雇用機会均等法」*1の制定によって、少しずつ変化が生じました。

 女性が社会進出した結果、上記の性別による固定的な役割分担にも変化が生まれます。

そして、1999年に施行された「男女共同参画社会基本法」によって、上記の性別による固定的な役割分担に対し、もっと柔軟に考えましょうという方針が打ち出されました。

つまり、必ずしも男性だけが家計を担わなくてもいいし、同時に必ずしも女性だけが家事育児介護を背負わなくて良い。お互いの負担を少しずつ下ろして、皆が同じような負荷になるようにしましょうよ、というわけです。

しかし、実際にはどうなんでしょう。

女性の家庭内での負担が減ったか、というと、そうではありません。

よって、家庭内のアンペイドワークは女性にその責任が偏ったまま、女性はさらに社会進出まで果たさねばならなくなったのです。

アンペイドワークと女性

アンペイド(unpaid:無給の;無報酬の)と言われるくらいですから、家事も育児も介護も、無報酬です。賃金をもらえる労働ではありません。

しかも、労働なのに誰からも感謝されないし、「当たり前のこと」と思われてしまうんですよね。家事育児介護って、確かに重労働で大変です。責任も重大です。

でも、「女性ならやって当然」としか思われていないんです、悲しいことに。

家じゅうのあらゆる出来事をすべてひとりで取り仕切る、人ひとりを育てる、人の最期を迎えるお世話をする…どれも否応なしに高ストレスな仕事です。それでも、女性がひとりで全部背負わなければならない。

誰が考えたって、重荷です。嫌です。重圧に押しつぶされそうになります。

「私だけの家庭じゃないのよ」

「あなたの子供でもあるのよ」

「あなたの親でしょ」

などなど、文句だって言いたい。でも、それを夫にはぶつけられない。

なぜなら、

「俺は外で働いている」

「お金を稼ぐことの方が偉い」or「(俺より)金も稼いでいないくせに」

「親を看取るのは女性の仕事だろ」

などと言われてしまうから。余計に辛くなるだけです。

「母」と「娘」

これでは、ストレスは溜まる一方です。すると、人間はどうしても自分より弱いものにそのはけ口を見出します。

それが、「母」にとっての「娘」なんじゃないかな、と私は理解しています。

「息子」にはそのはけ口は向かい辛い。「息子」には、異性である分「子」という感情が湧きやすく、愛情も沸きやすい。また、いずれ賃金労働に従事する身であり、自分の辛さをぶつけてもそのうち自分(の稼ぎ)を超越してしまう。

対する「娘」には、「子」という感情の前に、「同性」という感情が出てきやすい。つまりは「ライバル」という感情が湧いてくるのではないか。

端的に言えば、「母」は異性である「息子」とは同じ土俵に立てないが、「娘」とは性別条件が同じである故同じ土俵に立って戦える。

なまじ同性なので、母娘関係は得てして濃密になりがちなんじゃないかと思います。

だから、「母 vs 娘」という、親子関係における「女 vs 女」という対立の構図が生まれやすいのではないか、と分析しています。

 

母娘関係をこのように理解してから、段々と過去の母の行動が理解できるようになりました。

*1:正式には「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」、1986年4月施行